コレクション: Claude Monet(クロード モネ)

クロード・モネは、19世紀後半のフランスを代表する印象派の画家です。自然の印象を描くために開発した独自の画風は、印象派美術の先駆けとなりました。

クロード・モネ 経歴

  • 1840年11月14日、ノルマンディー地方のパリ近郊で生まれる
  • 1859年にパリに移り、アカデミー・スイスに入学するが中退
  • 1874年に初めて印象派展に出品し、運動の中心的存在に
  • 1926年12月5日、ジヴェルニーの家で没(享年86歳)

代表作品

  • 『印象、日の出』(Impression, Sunrise) (1872年)
  • 『質素な朝食』(The Simple Luncheon) (1868年)
  • 『睡蓮の池』(Water Lilies and Japanese Bridge) (1897-1919年)
  • 『ポプラの並木道』(Poplar Series) (1891年)

モネは、瞬間の印象を的確に捉えるために、まだ固まっていない色の混ざり具合を生かした独自の手法を確立しました。短い筆触と補色の使用により、自然光の効果を表現しようとしています。

代表作「印象、日の出」に由来する"印象派"の名称は、モネ流の描写の新しさを表しています。また、光と影の関係に着目し、同一の対象を変化する光線の下で描くことで、印象の移ろいを表現しました。

睡蓮の池シリーズでは、水面に映る光と色彩の微妙な移り変わりを描いています。モネはまさに印象派を体現した画家と言えるでしょう。自然の瞬間の印象を鮮やかに描き出す手法は、新しい絵画の地平を切り拓きました。

Claude Monet - artgraph.

0個の商品

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する