コレクション: Jean Bernard(ジャン ベルナール)

Jean Bernard (ジャン・ベルナール)はフランスの画家であり、フォーヴィスム運動の中心的人物でした。鮮やかな原色の使用と力強い画風が特徴的です。

Jean Bernardの経歴

  • 1888年4月14日、フランス南部にて生まれる
  • 1900年代初頭にマチス、ドラン、ヴィヤールらと出会う
  • 1905年にフォーヴィスム展に参加し、注目を集める
  • 1959年10月8日、パリで没

代表作品

  • 「画家マチス」("The Painter Matisse") 1916年
  • 「ボーヌ村の教会」("The Church at Bormes") 1939年
  • 「赤い風景」("Red Landscape") 1953年

ベルナールの作品は原色を大胆に使用し、力強い筆触と構成で注目を集めた。フォーヴィスム展の目玉作品だった「女学生のいるスタジオ」は物議を醸した。

モデルの形態を単純化し、反復する曲線で構成するといった手法が特徴的だ。後期には風景画に力を注ぎ、赤や黄色の原色で自然を表した作品を多数残している。前衛芸術の担い手として、伝統的な絵画様式に挑戦し続けた。

影響を受けたマチスらとともに、20世紀絵画の発展に大きな足跡を残したフォーヴィスムの旗手の一人である。生涯にわたり原色の果敢な使用と力強い構成美を追求し続けた。

Jean Bernard(ジャン ベルナール) - artgraph.

355個の商品