コレクション: Henry Lyman Saÿen(ヘンリー ライマン サイエン)

ヘンリー・ライマン・サイエンはアメリカの風景画家です。彼はアメリカ印象主義の先駆者として知られ、開放的な画風と鮮やかな色彩表現が特徴的でした。

ヘンリー・ライマン・サイエンの経歴

  • 1859年10月25日、ペンシルベニア州に生まれる
  • 1876年にペンシルベニア美術アカデミーに入学
  • パリに留学し、印象派の影響を受ける
  • 1919年11月7日、ニューヨークで没

代表作品

  • 「ブルックリン橋」("Brooklyn Bridge") 1904年
  • 「六番街から眺める暁」("Dawn on the Sixths Avenue") 1909年
  • 「ニューヨーク港」("New York Harbor Scene") 1911年

サイエンは光と色彩の表現に優れ、開放的でダイナミックな作風が際立っている。アメリカ東部の都市風景や港を描いた作品が数多く、印象主義の技法を活かした自由な筆触と鮮やかな色使いが光り輝いている。特に朝日や夕暮れの情景を生き生きと捉え、大気の状態を見事に描写している。彼はアメリカ人画家として初めてフランス印象派の影響を強く受けたことから、アメリカ印象主義の先駆者と評されている。後進の画家にも多大な影響を与えた。

Henry Lyman Saÿen(ヘンリー ライマン サイエン) - artgraph.

49個の商品