コレクション: Samuel Colman(サミュエル コールマン)

Samuel Colman (サミュエル・コールマン)は、アメリカの風景画家です。独自の色使いと構図によって荒々しい大自然の神秘を表現した作品が高く評価されています。

Samuel Colmanの経歴

  • 1832年、英国生まれのアメリカ人画家
  • 1854年にアメリカ遠征隊に参加し、西部開拓時代の風景を描く
  • 1870年代にハドソン川の風景画で認められる
  • 1920年3月26日、ニューヨークで没

代表作品

  • 「ニアガラの滝」("Niagara Falls") 1868年
  • 「コロラド川の大渓谷」("The Grand Canyon of the Colorado River") 1892年
  • 「サンフアン山脈」("The San Juan Mountains") 1889年

コールマンは荒々しい大自然の中に神秘的な雰囲気を見出していた。ニューヨークを拠点に西部地域を旅し、壮大な風景を独自の色使いと構図で描き出した。色鮮やかで劇的な空と地の対比が印象的である。

特にコロラド川の大渓谷の作品は力強く神々しい自然の偉容を見事に表現している。当時のロマン主義的な自然観を体現しつつ、写実的な描写にも優れていた。コールマンの自然への畏れと憧憬が作品から伝わってくる。アメリカ романtico 風景画の重要な作家と位置づけられている。

52個の商品