コレクション: Francois Boucher(フランソワ ブーシェ)

フランソワ・ブーシェは、18世紀フランスを代表する著名な画家です。豪華で官能的な絵画スタイルが特徴的で、時代の宮廷趣味を色濃く反映した作品を多数残しています。

フランソワ・ブーシェの経歴

  • 1703年9月29日、パリに生まれる
  • 1723年にフランス王立美術アカデミーに入学
  • 1765年に最初期作品の王室画家に任命される
  • 1770年5月30日、パリで没

代表作品

  • 「インドの貴婦人」("Odalisque") 1745年
  • 「ミロの従者」("Milo of Croton") 1748年
  • 「眠りからの目覚め」("The Awakening") 1753年

ブーシェの作品には、ロココ美術の頂点を飾るような優雅で官能的な女性像が多数描かれています。朝な装飾が施された絵画空間に、柔らかなタッチで肉感的な女性の裸体が生き生きと描かれています。当時の貴族階級の好みに合わせた作風で、妖艶で艶やかな肉体美が特徴です。また、庶民の日常生活を題材にした作品もあり、ロココ時代の生活文化を活写しています。装飾的で優雅なブーシェ作品は、18世紀フランス美術を代表する名作とされています。

Francois Boucher(フランソワ ブーシェ) - artgraph.

49個の商品