コレクション: Kitagawa Utamaro(喜多川 歌麿)

Kitagawa Utamaro(喜多川 歌麿)は、日本の浮世絵師の巨匠です。生涯を通じて魅力的な肉筆浮世絵を数多く生み出し、世界的に高く評価されています。

Kitagawa Utamaroの経歴

  • 1753年、江戸(現在の東京)に生まれる
  • 1780年代に浮世絵師として活躍し始める
  • 1806年に入牢し、同年に獄死する

代表作品

  • 「道成寺」連作 1793-1794年
  • 「十二月違樺町」 1791年頃
  • 「三美人」 1792-1793年

Utamaroは美人画の第一人者として知られ、魅惑的で上品な女性像を描き分けた。繊細な線描と洗練された色彩が特徴的で、女性の優雅な所作や装いを見事に捉えている。構図の自由さと装飾性の高さも際立っている。特に「道成寺」連作には、美しく抒情的な女性の姿が息づかしく描かれている。

晩年には検束の時代を反映した諷刺的な作風も垣間見られる。時代を画期づけた浮世絵の最高峰といわれ、多数の模作や模刻が生み出されるなど、その人気は絶大であった。優雅で気品ある女性美を追求したUtamaroの芸術は、日本美の精髄を体現している。


Kitagawa Utamaro(喜多川 歌麿) - artgraph.

279個の商品