コレクション: Egon Schiele(エゴン シーレ)

エゴン・シーレは、20世紀前半のオーストリアを代表する画家です。歪んだ筆致と独特の色使いで人体を表現した作品が高く評価されています。

エゴン・シーレ 経歴

  • 1890年6月12日、オーストリア・トゥルンに生まれる
  • 1906年にウィーンの美術アカデミーに入学
  • 1910年代に過激な素描や油彩画を次々と発表
  • 1918年10月31日、スペイン風邪のためウィーンで夫人と共に没(享年28歳)

代表作品

  • 『抱き合う情熱的な情念』(Embrace) (1917年)
  • 『座る女性の半裸像』(Semi-Nude Girl Sitting) (1911年)
  • 『死と少女』(Death and the Maiden) (1915年)
  • 『自画像』(Self-Portrait) (1912年)

シーレは、師であるグスタフ・クリムトの影響を受けつつ、独自の歪んだ表現形式を確立しました。細い線と強い色彩の対比で人体を描く特徴的な画風は、エクスプレッショニズムの手法と呼ばれています。

彼の人体画には、性と生、死への強い関心が表れています。不気味で神秘的な雰囲気を帯びながらも、生理的な赤裸々さが作品に滲み出ています。

シーレは生前は過激な作風から物議を醸しましたが、晩年の1910年代後半には円熟した作品を多く残しています。28歳の若さで天折しましたが、後に表現主義の重要な画家として高く評価されるようになりました。

Egon Schiele(エゴン シーレ) - artgraph.

103個の商品