コレクション: Kamisaka Sekka(神坂 雪華)

Kamisaka Sekka (上柞 繁香)は、日本の工芸家、デザイナーとして活躍した人物です。伝統的な日本の美意識を現代的に表現した作品で知られています。

Kamisaka Sekkaの経歴

  • 1866年3月17日、京都に生まれる
  • 1879年に京都の有力商家に生け花の手伝いとして入る
  • 1890年代から本格的な工芸活動を開始
  • 1942年6月27日、京都で没

代表作品

  • 「古伊万里柄図案」1910年代
  • 「花鳥画」シリーズ 1900年代
  • 「四季花鳥図」1941年

Sekkaは伝統的な日本の意匠を現代的にアレンジした作品で高い評価を得た。染織模様や書画、陶磁器デザインなど、多岐にわたる分野で活躍した。

特に生け花の立花を起源とした「立体花鳥画」は代表作の一つ。平面ではなく立体的に花や鳥を表現することで、生命感や動きを捉え、伝統の中の革新性を体現した。

日本の伝統文化に深く根ざしつつ、繊細かつモダンなデザインを追求したSekka。その作風は日本のみならず、西洋のアール・ヌーボー運動にも影響を与えた。現代的な日本美の確立に大きく貢献した工芸家である。

140個の商品