コレクション: Ogawa Kazumasa(小川 一正)

Ogawa Kazumasa(小川 一正)は、日本を代表する版画家の一人です。木版画の技法を磨き上げ、日本の自然風景や民俗を描いた作品で高い評価を得ました。

Ogawa Kazumasaの経歴

  • 1860年2月23日、神奈川県に生まれる
  • 1889年に東京美術学校(現在の東京芸術大学)に入学
  • 1910年代から本格的に木版画制作を始める
  • 1929年10月21日、東京で没

代表作品

  • 「遠野の春」("Spring in Tono") 1918年
  • 「潮来の花火」("Fireworks at Itako") 1929年
  • 「豆相撲」("Kid's Sumo Wrestling") 1925年

小川一正は木版画の登竜門とされる東京美術学校で、棟方志功に師事した。細密で精緻な描写と、伝統的な日本の情緒あふれる作風は高く評価された。

日本の田園風景や民俗風習を丹念に観察し、木版画で再現することをライフワークとした。特に故郷・神奈川の風物詩を多数の傑作で残している。力強い墨線と的確な構図で、日本的な気品と母なる自然の息吹を表現した。日本を代表する版画家の重鎮として位置づけられている。

Ogawa Kazumasa(小川 一正) - artgraph.

50個の商品