コレクション: Amedeo Modigliani(アメデオ モディリアーニ)

アメデオ・モディリアーニは、20世紀前半にイタリアとフランスで活躍した画家・彫刻家です。細長い形態と眼球の大きな人物像で知られ、民族彫刻からの影響が見られる独自のスタイルを確立しました。

アメデオ・モディリアーニ 経歴

  • 1884年7月12日、イタリアのリヴォルノに生まれる
  • 1906年にパリへ移住し、キュビスム、民族彫刻の影響下で創作活動を始める
  • 1910年代に個性的な人物画のスタイルを確立
  • 1914年と1916年に入院、1920年に肺結核で死去(享年35歳)

代表作品

  • 『裸婦に勿忘草の花冠』(Reclining Nude with Roses) (1917-18年)
  • 『岡本夫人の肖像』(Portrait of Madame Reynier) (1918年)
  • 『長い髪の娘の肖像』(Woman with Long Hair) (1918年)
  • 『大きな裸婦』(Large Nude) (1917年)

モディリアーニの画風の特徴は、細長くゆるやかに歪んだ人物像と、大きな眼球、そして民族彫刻から着想を得た単純化された形態にあります。

代表作の裸婦像では、伸びやかな体躯と大きな目が特徴的です。単純化された形態と滑らかな線で構成されたモディリアーニ独自のスタイルが確立されています。

一方で、華奢な線で描かれた女性像には儚げな官能性も漂っています。キュビスムの影響を受けつつ、エキゾチックな印象をもたらす作風は、20世紀美術の新しい地平を切り開きました。

39個の商品