コレクション: Henri Rousseau(アンリ ルソー)

アンリ・ルソーは、19世紀後期から20世紀初頭にかけてのフランスを代表する画家です。素朴で単純化された絵画スタイルから「野生の画家」とも呼ばれ、後の前衛美術に大きな影響を与えました。

アンリ・ルソー 経歴

  • 1844年5月21日、フランス中部ラヴァルに生まれる
  • 1893年頃から絵を描き始める
  • 1886年にサロン・デ・アンデパンダンに作品を出品するが無視される
  • 1910年9月2日、パリで没(享年66歳)

代表作品

  • 『森の休息』(The Dream) (1897年)
  • 『戦争』(War) (1894年)
  • 『アフリカの草原』(Tropical Forest with Monkeys) (1910年)
  • 『離れた島』(The Hungry Lion Throws Itself on the Antelope) (1905年)

ルソーは税関吏員として働きながら、47歳を過ぎてから絵を描き始めました。当初は周りから冷やかされましたが、色鮮やかな画風と素朴な構図は評価され始めます。

熱帯雨林や動物をモチーフにした作品には、子供っぽい素朴さと想像力の豊かさが見られます。しかし一方で不可解な不気味さも孕んでおり、民族学的リアリズムが高く評価されています。

ルソーの奇抜で単純化された絵画スタイルは、キュビスムやファuvism運動の画家たちに大きな影響を与えました。生前は周縁的存在でしたが、後世において先駆者としての地位を確立した画家です。

Henri Rousseau - artgraph.

12個の商品