コレクション: Odilon Redon(オディロン ルドン)

 

オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840年4月20日 - 1916年7月6日)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてフランスで活躍した象徴主義の画家、版画家です。夢や幻想、内面世界を主題にした作品で知られ、その独特の画風は後のシュルレアリスムにも影響を与えました。

オディロン・ルドン 経歴

  • 1840年4月20日、フランスのボルドーに生まれる。
  • 1855年、絵画を学び始めるが、父親の意向で建築を学ぶ。
  • 普仏戦争に従軍後、本格的に画家としての活動を始める。
  • 1878年、最初の版画集『夢の中で』を発表。
  • 1890年代以降、パステルや油彩画にも取り組む。
  • 1903年、レジオンドヌール勲章を受章。
  • 1916年7月6日、パリで死去。

代表作品

『夢の中で』(Dans le Rêve)(1879年)

『エドガー・ポー』(À Edgar Poe)(1882年)

『聖アントワーヌの誘惑』(La Tentation de saint Antoine)(1888年)

『目を閉じて』(Les Yeux clos)(1890年)

『笑う蜘蛛』(L'Araignée souriante)(1905年)

『オフィーリア』(Ophélie)(1900-1905年)

『花の精』(Le Char d'Apollon)(1905-1910年)

 

作風

ルドンの初期の作品は、主に黒一色の木炭やリトグラフで描かれた幻想的なイメージが特徴です。これらの作品は「ノワール(黒)」と呼ばれ、夢や無意識の世界を探求する彼の内省的な姿勢を反映しています。

1890年代以降は、パステルや油彩画を用いて、鮮やかな色彩と光に満ちた作品を制作するようになりました。花や神話、宗教などをモチーフにした作品は、象徴的な意味合いを持ち、見る者の想像力を掻き立てます。

ルドンの作品は、現実と幻想、意識と無意識の境界を曖昧にし、見る者を内面世界へと誘います。その詩的で神秘的な表現は、時代を超えて多くの人々を魅了し続けています。

296個の商品