コレクション: Raphael Raffaello(ラファエル ラファエロ)

ラファエロ・ラファエルは、イタリア・ルネサンス期を代表する傑出した画家です。優雅で調和のとれた作風が特徴的で、古典主義的理想を体現した作品を数多く残しています。

ラファエロ・ラファエルの経歴

  • 1483年4月6日または28日、イタリア・ウルビノで生まれる
  • 1504年にフィレンツェに移り、レオナルド・ダ・ヴィンチに影響を受ける
  • 1508年、ローマ教皇庁の画家に任命される
  • 1520年4月6日、ローマで37歳で急逝

代表作品

  • 「アテネの学堂」("The School of Athens") 1510-1511年
  • 「システィーナ聖母」("Sistine Madonna") 1512-1513年
  • 「聖母奉献」("Presentation of the Virgin at the Temple") 1504年頃

ラファエルの作品は、キリスト教の教義主題を古代ギリシャ・ローマの精神で表現したものが多い。構図の明快さ、色彩の調和、優美な人体美が際立っている。「アテネの学堂」は、古代の哲学者たちを登場させた理想的な世界観が描かれている。併せて「聖母奉献」など宗教画も数多く手掛けた。調和と均整の取れた美しさで、ルネサンス絵画の極致を極めた巨匠である。晩年にはミケランジェロの影響も認められる。ラファエルはレオナルド、ミケランジェロと並ぶ三大巨匠と称えられている。

18個の商品