コレクション: Edouard Manet(エドゥアール マネ)

エドゥアール・マネは、19世紀後半のフランスを代表する画家です。印象派の先駆けとなった作風で、伝統的なアカデミズムに一石を投じました。

エドゥアール・マネ 経歴

  • 1832年1月23日、パリに生まれる
  • 1850年にトマ・クトゥールのアトリエに入門
  • 1863年に問題作『朝のフォリー=ベルジェール』を発表し物議を醸す
  • 1874年の最初の印象派展に出品
  • 1883年4月30日、パリで没(享年51歳)

代表作品

  • 『釣り人』(The Luncheon on the Grass) (1862-63年)
  • 『オランピア』(Olympia) (1863年)
  • 『モックの酒場』(A Bar at the Folies-Bergère) (1882年)
  • 『サンラザール駅』(The Railway) (1873年)

マネは伝統的な絵画の手法を一新し、現実の一瞬の光景を的確に描写する画風で知られます。代表作『モックの酒場』では、鏡に映った酒場の内部と鏡に写っていない外部の光景が見事に融合されています。

『釣り人』や『オランピア』では、日常的な裸体の描写が物議を醸しましたが、ルノワールやモネらの印象派画家に大きな影響を与えました。

マネは数多くの風俗画や風景画を残し、後の印象派やポスト印象派に道を開いた革新的な画家です。伝統に反発した先駆的な作風は、20世紀の近代絵画につながる重要な位置を占めています。

Edouard Manet(エドゥアール マネ) - artgraph.

201個の商品